よさこい衣装プリント とは

よさこい衣装プリント とは

よさこい衣装実績|セミオーダー |組合せオーダー
|生地 |ご注文・お問合せ |カタログ申請
よさこい衣装-Top > 会社概要 > プリント とは

よさこい衣装プリント とは

よさこい衣装プリントの定義

よさこい衣装プリントとはよさこい祭りで行われる踊りの衣装プリントされてる物ですが、基本的にはマークやチーム名のプリントの事をさします。柄物の生地なども本来プリント生地なのですがプリントされてる状態で販売されてる物は柄物生地として別扱いになってるのが現状です

よさこい衣装プリントの特徴

一般的にはシルクプリントが中心です(ペンキの様なインクを使用しプリント版を製作しガリ版刷りの方式でプリント)その他グリッタータイプの熱圧着するタイプやフルカラーなどに対応したプリントが沢山出てきております。衣装などにプリントをしてる物は厳密に言うと漂白等には弱く一般の洗剤には漂白剤が若干含まれてるようなので少な目の使用又は石鹸などの使用が好ましいです。

よさこい衣装 セミオーダー よさこい衣装 組合せオーダー よさこい衣装総合カタログ

よさこい衣装プリント人気キーワード

プリントも日々新しいシルクプリントのインクも出てきておりますし、昇華転写プリントを使用し自由に柄の生地を製作したり、特殊なシートをカットし柄のように熱圧着によって貼り付けるラバープリントなども広く使用されるようになりました、最も多く利用されているのはシルクプリントでチーム名や家紋などを生地にプリントする手法です、又柄の生地を作りたい、広い面積をプリントしたいなどの場合昇華プリントが普及しております、光沢のある金属管を出したい場合やミラー風に死体などの場合ラバープリントを使用されるチーム様も一部見受けられます。

よさこい衣装プリントについて

よさこい衣装プリントは、種類も豊富になり大きく分けて4タイプよさこい衣装で使用するシルクプリントは以前からよく使用される手法で、特殊な版(型)を製作し版の上にインクを広げ版の下に広げた生地にインクを刷り込みインクが刷り込まれる部分とインクが刷り込まれない部分を作り出し柄などを評伝する方法で各種色と特色の金・銀も使用できます。よさこい衣装で使用する ラバープリントは、皆さんが分かりやすいのはスポーツウエアーなどのゼッケンがこの手法です、インクではなく特殊なシートを柄や文字にカットして高温、高圧でプレスし圧着する方法です。版を製作しなくてもプリントが可能なので少数でもコストは抑えられますが数量が増えてもコストが下が大幅には下がりません。よさこい衣装で使用する カラーラバープリントもラバープリントと同じ手法になりますが特殊なプリンターで印刷したものを圧着しますのでカラーやグラデーションが使用できます、大きさに制限が御座いますのでお問合せ下さい。よさこい衣装で使用する 昇華プリントはよさこい衣装ではかなりひろまっております、カラーで前面にプリントが出来風合いも生地本来の雰囲気が残ります、衣装全体のグラデーションや、着物風の花柄を上着全体に入れることが可能で巣が特殊なプリントですのでコスト的にアップする傾向にあります。基本的に使用する面積等で価格が大きく変動いたしますので詳しくはご相談下さい。      

      よさこい衣装 製作 販売 TOPへ
  • よさこい衣装M&Mトップ
  • 会社概要
  • 特定商取引
  • お支払い方法
  • ブログ